シオタの塩分過多な日常

シオタです。「しょっぱい自分が、塩分過多な毎日をどう過ごし、いかに楽しく生きていくか」がテーマです

酔いどれ問答が哲人への扉だったのかもしれない


f:id:shiotapathos:20191020010713j:image

人間、何歳になっても成長する事があるんだなあ。

今日は久々に実家に遊びに来た。住んでいるところからはそれほど遠くない場所なので、高速道路を使うと概ね約3時間で来れるのだ。実家で一泊させてもらって帰るのがいつもの流れだ。

で、実家に来ると、親と話をする。いや、親の話を一方的に聞かされるの方が正確かもしれない。久々に会う息子に対して、お酒を飲んで酔った老親がずっと話をしてくるのだ。それも、過去に何度も何度も聞かされた話を、酔う度に思い出すのか、寸分違わぬ内容の話をするのだ。聞いてるこちらは、話の流れも、話の展開も、話の落ちの無さも全てを把握しているので途中から苦痛になってくるのが常だ。

今日もその展開なんだろうなと思っていると、時おり初めて聞く話が挟まれてくる。本人は酔っているので話の構成なんて一切考えていないのは明らかだけど、ちょいちょい新しい話が入るのだ。しかも、その新しい話は、最近の出来事ではなく、大昔の思い出の話だ。つまり、これまでにも話をしようと思えばできたはずの話なのだ。

これまでにもこんな話を聞かされる機会は無数にあった。文字通り、無数にあった。聞かされてきた全ての話を丸暗記できる程の回数だ。にも関わらず、大昔の話で、まだ聞いたことのない内容が新たに出てきた。これには、少し驚いた。どうせいつもと同じ話を聞かされるんだろうと思っていたのに、軽く意表を突かれた形だ。

なぜこんな展開になったのか?

これについて考えることが、自分にとって何か意味があるんじゃないのかなと今思っている。恐らくこういうことなのかな?という仮説はあるけれど、それを検証するには少し時間がかかるかもしれない。ただ一つ言えるとしたら、話を聞く俺の態度が大きな要因なんだろうなという事だけは分かっているという事だ。

そして、それによって起きた出来事があったもいう事実。

年老いた自他ともに認める頭の固い人間が、話の中で、新しい考え方というかこれまでにしてこなかった物事の捉え方をする自分に気が付く姿が垣間見られた。もし、他人が見ていたらなんて事のない酒の席でのやり取りに過ぎないかもしれないけど、息子からすると、今まで見たことも聞いたことも無いような変化が起きたのだ。

老人も成長する。

文字にすると、当たり前だけど、それでも結構衝撃的な出来事の目撃者に、今晩なったのだ。

信じられないとかそんなことはどうでもよい位のパワフルな現実


f:id:shiotapathos:20191019145712j:image

久々に本屋に行った。

前から読みたかった本があったはずなのに、どうしても題名が思い出せない。「なんだったかなあ?」と思いながら本屋を歩いていると、目当てでも何でもなかった本がどんどん気になってくる。

それらの気になる本を一つずつ冒頭の『はじめに』の部分を読んでいった。そしたら、なんと、気になった本の全部が面白くて、欲しくなってきた。こんなことはなかなかない。大体いつもだと、そのうちの何割かは難しかったり面白く感じられなかったりで、買うのを断念するんだけど、今回は手に取った本の全部が面白そうだったのだ。だから全部買うことにした。

「読んだ本は俺の糧になって仕事に活かされるんだから、これも仕入れだ」とかなんとか己に言い訳をして何冊もの本をカゴに入れて店内を持ち歩く。フラフラしている時に、今日の目当ての本を見つけた。題名も作者も覚えていなかったけど、何となくのイメージで覚えていたのは、『何かができない不良みたいなヤツ』という内容だった。

実際の本の題名は、『ケーキの切れない非行少年たち』というモノだ。名前も作者も覚えていないのに、なぜこれが探していた本だと分かったのかは自分でも分からない。でも、本棚に並んでいるのを観た瞬間に、覚えていない題名を思い出したのだ。ボンヤリ覚えていたイメージはそれほど遠くは無かった。近くもなかったけど。

そうして、買った本を読み進めているところだけど、この本がベストセラーになるのは当たり前だ。というか、この本は誰もが読んでおくべき本だと感じている。まだ全然途中だけど、この本に書いてある内容を踏まえたうえでこの社会を生きていかないと、これからのこの社会は平穏に回っていくことは難しいのかもしれない。

そんな事を強く考えさせられている。

こられきれないこの思い


f:id:shiotapathos:20191018090139j:image

とにかく一日中眠かった。眠くて眠くてどうしようもなかった。

前日は、たくさん寝ている。夜中、何度か目が覚めてはいるが、合計睡眠時間は8時間はあったはずだ。それでも起きてからずっと眠かった。基本的に、ミーティングをしている時間以外は眠いのだ。一人で黙って何かをしていると眠くなる。こりゃあダメだと思って昼寝を少しした。しばらくは目が覚めていたが、夕方また眠気がやってきた。「もはやこれまで」そう思い、いつもより早目に仕事をあがった。

せっかく早く帰ったんだから、早目に寝ようと思って諸々を早々に済ませて布団に潜りこんだ。

気がつけば、いつもどおりの朝だ。
夜中、目が覚めた回数は1回。いつもよりも少ない。睡眠時間は10時間はあったはずだ。それなのに、今朝起きた時に最初に頭に浮かんだのは「眠い」だ。

なんなんだこれは。たくさん寝ても眠いし、もちろん、全然寝てなくても眠い。何をしても眠い。咳をしても一人。とにかく眠い。このまま「眠い」と言いながら、眠気に耐え続ける運命なのかもしれない。

今日も一日が始まったばかりなのに、もはやとても眠い。

何を見て何を思うのか


f:id:shiotapathos:20191017125843j:image

人工物と自然物の違いについて考えた。

これはもう、明らかに違う。何から何まで違う。一番大きな違いは、誰か・何かに作られたものと、自然が作り出したもの。誰かに受け取ってもらう事が前提の人工物と、ただそこに在るだけの自然物。姿形が似ていたとしても、それくらい根本的な存在意義が違う。

と思っていたけど、実は、肝心な部分は同じなんだと言うことに気付いた。

何が同じかというと、人工物と自然物を受け取る側の人間にとってという観点で見ると同じなのだ。

人工物は受け取る人がいるという事が前提になっていて、自然物はそもそも誰かに受け取ってもらうことは考えていないけど、こちらから見たら承けとりたくなるもの。どちらにしても受け取るということは、受け取った後に、それをどう扱うか。それだけは、どちらも同じ。そういう事に気付いたのだ。

受け取ったものについて、どんな事を感じて、何を想って、それが自分にとってどうだったのか。

それを考えるのと考えないのとでは、自分が得られるモノが全然違ってくるんだろうなあ。

民明書房の本によると一万人に一人の難関を突破したのが抜娉万


f:id:shiotapathos:20191016100104j:image

この前、テレビでやっていた『バットマン ダークナイト』を録画してあったので何となく観た。そういえば、ずいぶん前にレンタルしてきて観たことがあったなあと思いながら観ていたけど、意外と内容を覚えていないもんだ。印象に残っていたのは全て映像で、話の中身は全然覚えていなかったと言っても過言ではないくらい覚えていなかった。おかげで、初めて観るように楽しむことはできたので良かった。

「よくもまあ、これで、観たことあるなんて思ってたもんだ」と自分に感心しつつも、我ながら呆れるほどの記憶力の悪さだ。それにしても、よくこんな程度の記憶で、この映画好きなんたなあと思っていられたなあというのも、自分に対しての突っ込みどころではある。

ただ、あらためて観てみて、やっぱり面白いなあと思ったのも確かだ。と言っても、世間で言われているような評価をしたいわけでもないし、そんな評価をできるほど映画を観ているわけでもない。面白かったか面白くなかったかで言うと、凄く面白かったと思っているだけであって、「ヒースれじゃーの演技が~」とか「善と悪の対比がから。」とかの話は正直そんなに興味がない。ただただ、カッコ良かったし、怖かったし、哀しかったし、面白かった。その程度の感想だ。

で、どうしてもシリーズ1作目の『バットマン ビギンズ』と『バットマン ダークナイトライジング』を観たくなってTSUTAYAで借りてきたのだ。そして、観た。夜更かしして、二本とも。我ながら、どうしようもない大人だと思うけど、この衝動は抑えきれなかったのだ。

一本目は『バットマン ビギンズ』。これを観て、あまり気分が盛り上がらなかったら、そこで止めておいて、次の作品は明日以降にする予定だった。でも、実際には止まらなかったのだ。そのまま、『バットマン ダークナイトライジング』に突入した。そしてラストまで。

二日間でバットマンの世界を堪能しつくした。とにかく最高に面白かったし、出てくるバットマンの装備品や乗り物がとにかくカッコイイ。実際に公開されてから随分と時間が経っているけど、今観ても古さも感じなければ、ダサさも感じない。観てて違和感を覚えないし、ずっとバットマンの世界に浸っていられたのが良かった。

こうなったらやっぱり公開中の『ジョーカー』も観ないわけにはいかなくなってきた感じがするぞ。

さあ、いつ行くか?

少し時間もかかったし遠回りもしたけど辿り着くのはこういう事


f:id:shiotapathos:20191015015031j:image

「すごい疲れた」

自分が、この言葉を使うのは、精神的な疲労を感じている時なんだなあと、今日あらためて自覚した。

肉体的な疲労は、眠気を伴う。例えば、ハードにトレーニングをしたとか、重労働とか、それらの後に来る疲労は大抵が眠気を伴ってやってくる。その場合は、因果関係のハッキリした疲労なので明確に、寝れば元に戻るのが分かっているので、心地好い疲労感だ。

ただ、精神的に疲労するとそうはいかない。心地よさは無く、ただただ疲労感が増幅して、重たくのしかかってくる感じがする。そういう時は、大抵が、精神的なストレスが強くかかっている時なのだ。それによって生じる疲労感。これは、寝ても回復しない事の方が多い。そして、その原因となっているものは自分ではコントロールできない事が多いのだ。

いや、コントロールできないというのは正確じゃないかもしれない。正確には、その瞬間には、その事象の受け取りかたをコントロールできない、と言う事なのだ。

そういう、自分がストレスを感じる事象の発生についてはどうしようもない。起きる時は起きるし、起きない時は起きない。自然現象と同じようなモノだ。もちろん、他人から向けられる言動によって生じるストレスもあるので、自分自身の言動がそれを引き起こしている可能性も考えられるが、できるのはあくまでも他人の言動を引き出さない可能性を高める事だけで、結局は他人の言動を外から完全にコントロールすることはできない。なので、自分自身の受け取りかたしかコントロールすることはできないのだ。

起きる事象は仕方ない。それは分かっている。俺の言動がその事象を引き起こしている可能性があるのも理解している。だからその事象の受け取りかたをコントロールするべきなのも良く分かっている。

だけど、

「なぜ、そんな事を俺に?」
そう思ってしまったら、もう止まらない。そこから先は、とてつもないスピードで沸き出る、負の言葉と負のイメージだ。そして、恐らくそれらの“負”によって引き起こされるストレスが、俺の疲労に繋がっているのだ。このストレスは、例え、美味しいものを食べたり、一般的に『癒し』と言われるような場所であるスパに行ったり、お酒を飲んだりという消費行動をしても、ほとんど、いや、全くと言って良いほど解消されることは無い。むしろ、それらの行動によって別のストレスが増えている感じすらするのだ。

これに対抗するには、やはり闘うしかないんだろう。

闘うと言っても、その言動を向ける相手とではない。このストレスの発生源になっているモノとだ。このストレスの元凶、それは、『何か』をストレスと感じてしまう己の器の小ささだ。それをどうにかするには、器その物を鍛えるしかない。それには、文字通り、『鍛える』しかないのだ。

つまり、「この体を鍛える」という事だ。そう、トレーニングするしかないのだ。それによって、様々な事象の受け取りかたを決定付けている俺の中の何らかのフィルターやセンサーを調整する必要があるのだ。

レーニングをすることで、日常で起きるストレスを発散させる。それとは別の種類の物理的なストレスを体にかける。それによって体も心も成長させる。

もうそろそろ、それしかないんだよなあって、渋々ながら、分かってきたようなのだ。

得点の影には色んな人の色んな活躍があるはずなのだ


f:id:shiotapathos:20191014001257j:image

この台風によるバタバタで、とにかく疲れたので、今日は食事を終えた毎に寝た。早めの昼寝と通常の昼寝と遅めの昼寝。合間には本を読んだりビールを飲んだり録り溜めたテレビ番組を観たり。とにかく一日ダラダラ過ごした日になった。

一夜明けた結果としては、台風の被害は何も無かった。家が浸水したわけでもなければ、窓が割れたわけでもなく、誰かが怪我をしたわけでもない。やった事と言えば、水害の無さそうな親戚の家に避難させてもらって、一晩中ネットで情報収集していただけ。だから、結果としては何もしていない事になる。俺がした行動で何かが動いた訳ではないから。俺の行動が産み出したものは特に何の形にもなっていない。

でも、俺は自分の行動に価値はあったと思っているのだ。可能な範囲で情報を集めて、その情報を取捨選択して、無用なリスクを上げる選択肢を排除して、無用なリスクを上げる行動を排除して、集団の中に無用な不安を蔓延らせないようにする。それらによって、限られた状況の中で、可能な限りの安全を確保する。正解なんてどこにも無い状態で。

その結果、その場にいる全員の安全が確保されたならそれでOKなのだ。例え、その様子が『何の意味もない行動をして時間を潰していた』ように見えていたとしても。

俺は俺でできることを全力でやった。もちろん、運も多分にあるけど、あの場の全員が求めていた結果も出た。だから、全てうまく行った。たった一つ、俺の評判向上を除いては。

まあ、結果オーライだから別に良いんだけど。でも、面と向かって「ボーッとしてて役に立たないんだよなあ」と言うのは止めておいた方が良いと思うのです。何しろ、俺がダメージを受けるので。

ああ、本当に疲れたよ…。